Ⅰ.総則

1.企業行動における基本姿勢

  1. 関係法令や社是、規範、社内規程を常に遵守し、正常な商慣習と社会倫理に適合した企業活動を行います。
  2. 基本的人権・人格を尊重し、国籍・年齢・性別・出身地・門地・宗教・信条等による差別を行いません。さらに、業務上様々な個人情報と接する機会が多いため、プライバシーの保護に十分注意をします。
  3. 従業員のゆとりと豊かさを実現し、安全で働きやすい環境を確保するとともに、従業員の人格、個性を尊重します。
  4. 当社および当社グループ(以下、当社という)と利害関係を持つすべてのものとの間で公平かつ透明な関係を維持し、公正な取引をします。
  5. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、断固して対決します。
  6. 当社の正当な利益に反する行為や当社の信用・名誉を傷つけたり、または損害を及ぼすような行為はしません。
  7. 社会人として社会的責任を常に自覚し、道徳・倫理観に基づき行動します。

2.行動規範の趣旨

当社は、あらゆる法令や諸規則を遵守し、社会倫理の観点から適合した誠実かつ公正な企業活動を行うためにコンプライアンスを推進し、役員・従業員一人ひとりが自らのものとして誠実かつ適切に行動することが当社の健全な発展のために不可欠であるとの認識に立ち、役員・従業員一人ひとりが日頃心がけていくべき具体的な行動(とるべき行動、とってはいけない行動)の基準を示し、これを規範として位置づけたものです。

コンプライアンス(Compliance)とは

  • 法令遵守という意味で言われたり、企業倫理・経営倫理との関連で論じられたりします。さらにリスク管理の一環としてコンプライアンスを論じることもあります。
  • 一般的には「社会秩序を乱す行為や社会から非難される行動をしないこと」とされています。
  • 企業のコンプライアンスは「意思・姿勢」だけでなく「組織運営の仕組み」としての対応・遂行が求められ、企業の社会的責任として受け止める必要があります。

Ⅱ.顧客に対する行動規範

[長期的な信頼関係構築のために顧客満足度の向上を]

とるべき行動

  1. 顧客のニーズや期待に添える高品質の製品を迅速に提供することに努めます。
  2. 提供する製品の品質には、継続的な改善に努めます。
  3. 全社員が一体となって最高の顧客満足度の向上に努めます。
  4. トラブルが発生しても迅速かつ責任を持って対応することで顧客の信頼を獲得するチャンスに変えていきます。
  5. 顧客に最高の製品を提供するために必要な自己・自社変革には積極的に取組み、専門的知識・技術を身につけるために自己研鑚に努めます。
  6. 顧客と業務上におけるコミュニケーション・経験を共有し、より良い製品提供のチャンスにつなげます。

とってはいけない行動

  1. どんな小さいことでも顧客の要望を無視するような行動。
  2. 顧客から得た機密情報の無断使用・複製および第三者へ漏らすような行動。
  3. 営業活動のために顧客に対して不利な情報を隠したり、不正確な情報を提供するような行動。
  4. 製品の品質・サービスの面で顧客との約束・期待を裏切るような行動や不満と思われるような行動。
  5. 顧客との契約を獲得・維持するために、接待・贈答品に関して、健全な商慣習や社会的常識を逸脱する行動。

Ⅲ.社員・職場に対する行動規範

[互いに信頼・尊重し合う]

とるべき行動

  1. 効率的・スピーディに業務を行い、仕事のプロフェッショナルとしての自覚・責任感を持ちます。
  2. お互いの人権・人格・価値観を尊重し、困った時は進んで助け合います。
  3. 知識・スキルの向上を常に心がけ、互いに切磋琢磨し、自らの成長を追求し続けます。
  4. 率直な意見交換が行えるオープンで健全な職場環境を育んでいきます。
  5. 一人ひとりの専門的知識・技術を結集し、チームワークを大切にします。
  6. 社内外の人々と交流を深め、様々な価値観に触れることで自らの視野を広げていきます。
  7. 社会人としての自覚を持ち、社内規程や関係法令、社会的規範等に従って行動します。
  8. 業務上知り得た情報は、正当な目的にのみ使用し、情報の管理を徹底して漏洩には十分な注意を払います。
  9. 外部の情報は、正規のルートでかつ必要に応じ対価を支払う等、正当な手段で入手します。
  10. 日常業務に際しては、文書管理、机上の整理をきちんと行いキャビネット等を施錠するとともに、情報漏洩につながるような会話を慎み、不注意による情報漏洩の防止に努めます。
  11. 不要になった情報は社内ルールに則って廃棄し、情報の漏洩防止に努めます。
  12. 当社の知的財産権に係るノウハウや業務を通して得た経験と知識は守秘義務として守ります。

とってはいけない行動

  1. 自身の利益を当社の利益よりも優先させ、当社に損失を与えるような行動。
  2. 電話やパソコン(Eメールやインターネット等のネットワークを含む)等の社内資産を私用な目的で使用するような行動。
  3. セクシャルハラスメント等、ハラスメントになりうる行動。
  4. 社員等のプライバシーに関する情報を漏らすような行動。
  5. 法令に反する手段を用いたり相手の同意を得ないで機密情報を入手するような行動。
  6. みだりに金銭の貸借や私的な物品勧誘(マルチ商法やこれに準ずる行為)等の行動。
  7. 当社内における虚礼(中元・歳暮等の進物)や不透明な慣習等に基づく行為。
  8. 政治活動、宗教活動等の活動を就業時間内あるいは終業時間外にかかわらず当社内の施設で許可なく行うこと。
  9. 就業時間外であっても社内規定や法令等を守り、当社の信用・名誉を傷つけ、また利益を害するような行為。

Ⅳ.協力会社、取引会社等のビジネスパートナーに対する行動規範

[協業を推進して共存共栄をはかり長期的な信頼関係を構築]

とるべき行動

  1. ビジネスパートナーに対して常に対等・公正の立場で接し、関係法令および契約に従って誠実な取引をします。
  2. 顧客に高品質の製品を提供しニーズに応えていくために、ビジネスパートナーの優れている点は大いに活用します。
  3. ビジネスパートナーとはプロフェッショナルとしての緊張感を持って切磋琢磨し合います。
  4. お互いの企業における文化の違いを認め合い尊重し、お互いの役割を明確にして仕事をし、信頼を積み重ねます。

とってはいけない行動

  1. ビジネスパートナーに対して、不当に不利益を及ぼすような行動。
  2. 調達等に関する職務に関して、利益や便宜の供与を受ける等の個人的な利益を追求するような行動。
  3. ビジネスパートナーの情報を、当社の情報と同格に扱い無断で流用するような行動。
  4. お互いの意見の相違をあいまいにして業務を進めるような行動。
  5. ビジネスパートナーに対して合意なく契約外の業務を押しつけるような行動。
  6. ビジネスパートナーの仕事は当社の評価につながることを認識し、適切な監督・フォローを怠るような行動。
  7. ビジネスパートナーとの接待・贈答品に関して、健全な商慣習や社会的常識を逸脱するような行動。

Ⅴ.社会に対する行動規範

[社会との協調関係に向けて]

とるべき行動

  1. 情報サービス産業の一員としての社会的責任を常に意識し行動します。
  2. 個人情報の取扱いについては、プライバシー保護の観点から情報の収集・利用・提供・管理にあたり業務上の必要性や適法性・公正性にも十分注意をし、個人の権利・プライバシーを守ります。
  3. 基本的人権や人格を尊重し、国籍、年齢、性別、出身地・門地・人種・民族・宗教・信条等により差別をしません。
  4. 環境関連法令を遵守し、省資源・省エネルギーに取り組みます。

とってはいけない行動

  1. 反社会的勢力・団体に対して取引きをしたり関係を持つような行動。
  2. 利益を追求するために社会正義に反するような行動。
  3. 社員の自主的な社会貢献活動を制限するような行動。
  4. 政治・行政との係わりについては法令を遵守し、違法な政治献金や利益供与をするような行動。

Ⅵ.罰則

行動規範に違反した場合には、就業規則に照らして懲戒処分を受けることがあります。さらに、違反行為が重大なものである場合には、当社として法的措置を講じることがあります。

以上

なお、行動規範は、将来のすべての事態に十分対応されているとは限りません。
社会の変化に伴って、新たに必要となる事項については、都度対応していきます。