HCSブログ

日比谷コンピュータシステムが取り組んでいるIT関連の最新技術や考え方を発信するブログです。

Azureの仮想マシンでActive Directoryサーバーを構築する際に気をつける5つのこと

2018年04月 / by 宮澤聡 posted in Azure Blog

Azure 上で仮想マシンを構築してActive Directory(AD)のDomain Controller(DC)サーバーとして利用する際に気をつけていただきたいことを5つご紹介します。

※Azure ADの話ではありません。


続きを読む

今からでも遅くないHTML5 - grid layoutの様々な記法を理解しよう!

2018年04月 / by 宮下 大輔 posted in Blog HTML

前回のブログでは grid layout の分割の考え方と、簡単な書き方について説明しました。

これだけ覚えておけば基本的にはgrid layoutを利用して柔軟なページデザインを作成することができるのですが、配置ルールに関する他のプロパティや、プロパティに指定する値の単位などを理解すると、より複雑な要求に対応できたり、より少ない記述量で実装できたりします。

今回は特に使えると私が思うものについて、実際のデザイン要求から逆引きする形でいくつか説明していきたいと思います。

なお、前回のサンプルコードをそのまま引き継ぎ一部変更する形でご紹介していくので、前回のブログもご参照ください。

 

続きを読む

住所クレンジング作業をシステム化する5つのメリット

2018年03月 / by 佐藤 敬介 posted in Blog Master

第1回「住所データをクレンジング(最新化)するときの3つの問題点」、第2回「住所データのメンテナンス性を上げる2つの施策とは?」で住所データの整備の重要性や難しさ、コード化によるメンテナンスの向上について書かせて頂きました。

住所データをメンテナンスしようとすると、「最新化」「マッチング」「維持」のような様々な問題点があります。

また、メンテナンス性を上げる施策として「住所クレンジング」「コード化」を考える必要もあります。

これらの問題・課題を解決するため、今回は日比谷コンピュータシステム(以下:当社)で販売している、住所自動変換システムを紹介させて頂きます。


続きを読む

今からでも遅くないHTML5 - grid layoutで今風デザインを簡潔に書く!

2018年02月 / by 宮下 大輔 posted in Blog HTML

HTML5が正式にW3Cによって勧告(20141028)されてから早3年が経ちブラウザの対応も進んだことにより、今やわざわざHTML5と言わなくてもHTMLと言えばHTML5と言えるほどに浸透しています。

一方で開発者である私たちが無意識的にHTML5を記述しているかというと、まだその段階には至っていないように感じています。まだ技術情報をインターネットで検索しても「これはHTML5からの新機能です」といったエクスキューズは目立ちます。

であればまだ、HTML5でこんなことができるようになった、という切り口から技術情報を発信してみるのも悪くないと思うのです。今さらHTML5?と思われるかもしれませんがお付き合いいただければ幸いです。

広義の意味でHTML5をとらえると様々な技術要素がありますが、今回はページデザインから逆引きでリーチできるCSS3の機能であるgrid layoutについて書いていきたいと思います。

続きを読む

住所データのメンテナンス性を上げる2つの施策とは?

2018年02月 / by 佐藤 敬介 posted in Blog Master

昨今では、パソコンだけではなく携帯電話やスマートフォンの普及により、

利用者が住所を直接登録するシステムやアプリケーションが増え、手軽に住所データを登録できる ようになっています。

手軽に行えるという反面、登録された住所データには

  • 住所が間違えている
  • 廃止された住所が入力されている
  • 存在しない住所が入力されている(故意に行われるもの)

と、住所データの不備が住所データを活用した業務によっては多数発生してしまいます。

こういった住所データを放置してしまうと、精度の低い顧客情報による、機会損失やクレーム等の原因により、多額の費用や工数がかかる事があります。

そのような場合に、メンテナンス性を上げるために有効な2つの施策が、住所の"クレンジング(最新化)"と"コード化″です。

 

続きを読む

Windows Server 2012/R2を日本語化した際に出るワーニングを解消する

2018年01月 / by 宮澤聡 posted in Azure Blog

Azure 仮想マシンとは

Azure 仮想マシンは以下の特徴を備えた本物のクラウドサービスです。

  • 多様なOSサポート:Windows、Linux、FreeBSD、OpenBSD
  • 柔軟なスケールアップ・ダウンおよびスケールアウト・インが可能
  • 従量課金:分単位での課金、日本円での請求が可能
  • 冗長性:国内の2リージョン(東京、大阪)のみで災害対策が可能

続きを読む

住所データをクレンジング(最新化)するときの3つの問題点

2018年01月 / by 佐藤 敬介 posted in Blog Master

管理している住所データを常に最新の状態にしたい。

今ある住所データを最新の状態に置き換えたい。

「住所データはインターネットに掲載されている、無料のものを使ってマッチングさせればよいのでは?」

そういったお声もあるかとは思いますが、住所を正確に最新の状態へ置換えるのは、相応のノウハウが必要で、大きく3つの問題点があります。

 


続きを読む

Azure Site Recoveryのリージョン間レプリケーションを利用したDR構成の実現【設定編-その2】

2017年12月 / by 宮澤聡 posted in Azure Blog

前回の記事では、テストフェールオーバーまでの手順をご紹介しました。今回はフェールオーバーとフェールバック手順についてご紹介します。

なお、執筆時点では本記事でご紹介する機能はプレビューです。正式リリース時の内容と異なる可能性がありますのでご注意ください。

 


続きを読む

Azure Site Recoveryのリージョン間レプリケーションを利用したDR構成の実現【設定編】

2017年12月 / by 宮澤聡 posted in Azure Blog

前回の記事では、Azure Site Recoveryのリージョン間レプリケーションの特徴やそのプロセスについてご紹介しました。

今回と次回の2回に分けて具体的な設定手順と注意事項をご紹介します。

なお、執筆時点では本記事でご紹介する機能はプレビューです。正式リリース時の内容と異なる可能性がありますのでご注意ください。

 


続きを読む

Azure Site Recoveryのリージョン間レプリケーションを利用したDR構成の実現【概要編】

2017年11月 / by 宮澤聡 posted in Azure Blog

せっかくクラウド上にシステムを構築しても、BCP対策としてバックアップセンターまでの構築はコスト的にちょっと・・・。という方に朗報です。

この度、サイト間復旧サービスであるAzure Site RecoveryにAzureリージョン間の仮想マシン(VM)のレプリケーション機能が追加されました。

ここでは、この追加機能の概要と具体的な設定方法を紹介します。


続きを読む
無償 パブリッククラウド導入・支援サービス 詳細はこちら